進撃の巨人 各巻紹介

  • リンクから各話の感想へ移動します。
  • 重大なネタバレを含む場合がありますので、未読の方はご注意下さい。
巻数 各巻あらすじ 各話感想へのリンク
■巨人がすべてを支配する世界。 巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。
(1)二千年後の君へ
(2)その日
(3)解散式の夜
(4)初陣
■まだ見ぬ壁外の世界に憧れるエレンは、訓練兵となり、仲間とともに巨人に対抗する技を磨く。
だが大巨人の出現により、無数の巨人が壁の中に侵入。
親友であるアルミンを助けようとするエレンだったが、代わりに自らが巨人に食われてしまう・・・・!!
(5)絶望の中で鈍く光る
(6)少女が見た世界
(7)小さな刃
(8)咆哮
(9)心臓の鼓動が聞こえる
■大巨人の出現により壁が崩壊し、無数の巨人が壁の中に侵入する。
ミカサは次々に巨人を倒すがエレンの死の知らせに動揺し、危機に陥ってしまう。
そこへ巨人を襲う謎の巨人が登場し、ミカサの窮地を救う。
何体もの巨人をなぎ倒し、遂には力尽きた謎の巨人。その正体は・・・・!!
特別編 リヴァイ兵士長
(10)左腕の行方
(11)応える
(12)偶像
(13)傷
■ウォール・ローゼの外壁に空いた穴を修復するため「巨人化したエレンが巨大な岩で穴を塞ぐ」という作戦が開始される。
人類の存亡を懸け巨人化したエレンだったが、自我を失い暴走してしまう。
エレンはアルミンの必死の問いかけにも反応せず・・・・。
(14)原初的欲求
(15)個々
(16)必要
(17)武力幻想
(18)今、何をすべきか
■巨人化したエレンの活躍により、人類はウォール・ローゼのトロスト区奪還に成功する。
成功と同時に意識を失ったエレンが目を覚ますと、そこには調査兵団団長、エルヴィン・スミスの姿が。
エルヴィンは巨人の謎が眠るとされるエレンの生家への調査を決意。
そのためにはエレンの力が必要だと言うが。
特別編 イルゼの手帳
(19)まだ目を見れない
(20)特別作戦班
(21)開門
(22)長距離索敵陣形
■エレンの生家に眠る「巨人の謎」を求め、壁外調査に乗り出した調査兵団。
そこにはアルミンやミカサらの姿も。順調かと思われた道中、突如としてアルミンの前に「女型の巨人」が現れて陣形を破壊し・・・・。
(23)女型の巨人
(24)巨大樹の森
(25)噛み付く
(26)好都合な道を
■エレンの生家に眠る「巨人の謎」を求め、壁外調査に乗り出した調査兵団。
その前に知性を持った「女型の巨人」が現れた。
兵団壊滅の危機に陥りながらも「女型の巨人」を捕らえたエルヴィンは、女型の巨人の正体に迫る‥‥。
(27)エルヴィン・スミス
(28)選択と結果
(29)鉄槌
(30)敗者達
8 ■リヴァイ班の仲間を殺されたエレンは「女型の巨人」との戦いに挑むが敗北。
駆けつけたミカサとリヴァイにより救出されるが、「女型の巨人」の捕獲には失敗してしまう。
壁外調査の失敗と共に、エレンらの王都招集が決まり‥‥。
(31)微笑み
(32)慈悲
(33)壁
(34)戦士は踊る
9 ?■ついに「女型の巨人」の捕獲に成功したエレン達。だが、時を同じくして壁の中に眠る「新たなる謎」と直面する。そして混乱の中、ウォール・ローゼが破壊されたとの急報が届き‥‥。襲来する巨人の群れ!
新たなる脅威「獣の巨人」! 丸腰の104期兵に危機が迫る!!
(35)獣の巨人
(36)ただいま
(37)南西へ
(38)ウトガルド城
10 ウォール・ローゼ付近に突如現れた巨人の群れ。104期の面々を含む調査兵団は巨人の発生地点特定を急ぎ、ローゼ付近のウトガルド城で夜を明かすことに。だが、夜は活動できないはずの巨人が城を取り囲み‥‥!
(39)兵士

(40)ユミル

(41)ヒストリア

(42)戦士

11
(43)鎧の巨人

(44)打・投・極

(45)追う者

(46)開口

(47)子供達
スポンサー
サブコンテンツ

このページの先頭へ