(9)心臓の鼓動が聞こえる | 進撃の巨人 ネタバレ考察

進撃の巨人 ネタバレ考察

(9)心臓の鼓動が聞こえる

心臓の鼓動って微妙に重複表現のような気がしませんか?

頭痛が痛いみたいな。ま、どうでもいいですね!

 

前回、巨人を攻撃する謎の巨人を利用して一箇所に合流できた兵士たち。

拠点の中まで入り込んだ巨人を殲滅しない限り、ガスの補給ができません。

 

アルミンの考えた策は囮役が銃で巨人の目を潰し、そのスキに上から別働隊が襲いかかって巨人を倒すというもの。

巨人の弱点は、大きさに拘わらず頭より下うなじにかけての縦1m 幅10cm!

「もしくはこいつを奴らのケツにブチ込む!弱点はこの2つのみ!!」

こんな状況でも冗談を飛ばせるライナー、ステキです。

 

予定通り配置につき、囮役が十分に巨人をひきつけます。

合図で一斉に発砲!上から別働隊が襲い掛かる!!

別働隊のうちサシャとコニーが失敗!仲間がフォローに向かいます

サシャは巨人相手に必死の説得!

後ろから突然・・・た 大変失礼しました・・・と謝りますが当然巨人は無視してズンズンと近寄ってきます。

フォローに入ったミカサとアニがあっさりと斬り倒して無事作戦完了!これでガスの補給ができます。

 

一方、外ではあの特殊巨人が他の巨人3体に押し包まれて食われています。

ミカサとライナー、アニは巨人を救出して戦力として活用する可能性を支持、ジャンは反対しますが、もめている間に巨人は自力で包囲を脱出、周囲の巨人を皆殺しにして自分も膝をついて倒れました。その直後。

 

巨人のうなじから蒸気が立ち上り、中から人間の姿が。

呆気にとられてみつめる兵士たち。駆け寄るミカサ。

気絶しているようです。心臓に耳を当てると、トクントクンと確かな鼓動が。

ミカサは声を上げて泣きます。

 

エレンでした。それも、五体満足。

 

アルミンが最後に目撃したエレンは片手と片足を失い、巨人の胃袋へ飲み込まれたはず。

そのエレンが別の巨人のうなじから出てきた。

仲間たちは困惑とも戦慄ともとれる表情で彼らを見下ろしています・・・。
広告

別冊少年マガジン(毎月9日発売)で連載中、
「進撃の巨人」のネタバレ感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方はご注意下さい。

※フラゲ速報ではありません。本誌発売日の夜に更新することが多いです。

Return Top