(8)咆哮 | 進撃の巨人 ネタバレ考察

進撃の巨人 ネタバレ考察

(8)咆哮

巨人が巨人を襲うなんて聞いたことがない・・・

 

戸惑いながらも目を離せないミカサ。

すかさずアルミンがミカサを抱き上げて屋根の上へ救助。

僕ならここでさりげなく胸のあたりを捕まえるところですが、アルミンはそんなことしませんでした。がっかりです。

 

先ほどの巨人、さらに別の巨人と相対しています。そしてなんと拳を固め、ファイティングポーズを取った!!

一撃で叩き伏せ、相手が再生しないようにきっちりトドメを刺す巨人。

これは今までの巨人とは違います。明らかに考えて行動している!

 

アルミンはミカサとガスボンベを交換し、自分を置いていくよう提案。ただし自決用の刀だけは残して行ってくれと。

ミカサはアルミンを残すことを拒否。強い口調で置いて行ったりしないと宣言しますが、アルミンは自分のせいでエレンを死なせた負い目があるため、逡巡します。

悩んだ末、アルミンは考えがあると切り出します。

 

一方ジャン達は・・・徐々にガス切れの者、それを助けようとして返り討ちにあう者が増え始めました。冨樫漫画に出てきそうな顔の巨人がいます。

ジャンはここで現実的な決断。仲間が食われているスキに本部へ突っ込む!

一度足を掴まれながらも、巨人の指を切り飛ばして脱出!もう少し胴体の方を掴まれていたらアウトでした。間一髪で拠点へ滑り込みます!

 

中で膝を抱えていた補給班をボコって憤るジャン。どうしようもなかったと抗弁する補給班ですが、

「それを何とかするのがお前らの仕事だろうが!」と責め立てます。まあ正論ですよね。命かかってますし。

 

拠点に人が集まりすぎたせいで、余計に巨人が群がって来ました。

巨人は視覚で兵士たちを見つけて集まっているのではなく、何かしらの超感覚で認識しているように思えます。

 

圧倒的な巨人の数に絶望するジャン。「これが普通だよな・・・」

現実はそうそう漫画のようには行かないということでしょうか。

 

そこへゴッ!と何者かの拳が、拠点に群がるオッサン型巨人を吹き飛ばします。

さきほどミカサを助けたあの巨人です。ミカサたちがここまで誘導してきたのでした。

 

アルミンが考えついた策とは、巨人の力を利用して脱出することでした。

ここまでは上手く行ったようです。

 

なぜ、あの巨人は人間に興味がないのか?

普通の巨人たちの空虚な目と違い、明らかに目に意志が宿っているように見えます。
広告

別冊少年マガジン(毎月9日発売)で連載中、
「進撃の巨人」のネタバレ感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方はご注意下さい。

※フラゲ速報ではありません。本誌発売日の夜に更新することが多いです。

Return Top