(7)小さな刃 | 進撃の巨人 ネタバレ考察

進撃の巨人 ネタバレ考察

(7)小さな刃

巨人に包囲された前線の拠点で、兵士が一人自殺しました。

漫画で銃を使った自殺というと決まってペルソナ3タイプ(こめかみに当てて引き金を引く方法)なのですが、あれは実は成功率が低いそうです。

頭蓋骨で弾が滑って助かってしまうのだとか。

正しいのはこの進撃の巨人で描かれた方法で、口にくわえて喉をぶち抜くやり方だそうです。ためになるなあ、進撃の巨人!

 

立てこもっているのは補給部隊で、巨人に包囲されて戦意喪失したらしい。

拠点へ行かないと前線の兵士たちは機動装置にガスが補充できず、壁が登れません。

巨人は人間の存在を感知するらしく、わらわらを群がっています。

 

ジャンは完全に諦め顔。

「つまんねえ人生だった」「こんなことならいっそ・・・言っておけば・・・」

これはズバリ、恋の悩みですね!

死ぬくらいなら告白しておけばよかった・・・相手は誰でしょうか?

この場にいないのはミカサですが。

 

アニとライナーの気になる会話。

「ライナー・・・どうする?」

「まだだ・・・やるなら集まってからだ」

何をやるのか、集まってどうするのか、よく分かりません。残った兵士が集まってから?それとも巨人が一箇所に集まってから?

彼らは何をやろうとしているのでしょうか。

 

そこへミカサが合流。エレンを探します。アルミンは号泣しつつエレン以下34班の全滅を宣言、ミカサにエレンの死を告げます。

ミカサのとった反応は意外にも冷静。

「アルミン 落ち着いて 今は感傷的になってる場合じゃない さあ立って」

エレンを亡くした現実感がないのか、冷静に状況を確認し、周囲を鼓舞する演説まで始めるミカサ。

「私は強い・・・あなた達より強い・・・すごく強い!

・・・ので私は・・・あそこの巨人どもを蹴散らせることができる・・・例えば・・・一人でも」

「あなた達は・・・腕が立たないばかりか・・・臆病で腰抜けだ・・・ とても・・・残念だ

ここで指をくわえたりしてればいい・・・くわえて見てろ」

「できなければ・・・死ぬだけ でも・・・勝てば生きる

戦わなければ 勝てない」

ミカサは普段あまり感情を表に出すタイプではなく、この演説も淡々とした調子で語りかけます。人前で話すことに慣れていないのでしょう、つっかえながら精一杯自分の言葉を絞ったミカサは、言葉の通りに単身飛び出していきます。

 

ジャンが後に続きます「お前ら!本当に腰抜けになっちまうぞ!」

一人、また一人と前進を始める兵士たち。ミカサの勇気が兵士たちに活路を与えたのです。

 

ミカサは獅子奮迅の活躍を見せますが、いつもと違って冷静さを欠き、ガス欠になるまで残量に気づきませんでした。

ガスを失って露天のテントへ墜落。そこへ巨人が2体接近します。

2体の巨人に挟まれたミカサは正座して「いい人生だった」とまとめモード。安らかな表情です。やはりエレンを失ったらこんなに脆い。

 

が、ミカサは思い出してしまいました。誘拐犯を殺したあの日、エレンが声の限りに叫んだ「戦え!」という言葉を。

 

ごめんなさいエレン・・・私はもう諦めない・・・死んでしまったらもう・・・あなたのことを思い出すことさえできない

だから 何としてでも勝つ!何としてでも生きる!

 

涙を溜め、再び立ち上がり、折れた刃で巨人に立ち向かうミカサ。果たして勝ち目はあるのか!?

 

ドドォ!轟音とともに唸りをあげたのは背後から近づいていた巨人の拳!

その拳がもう一体の巨人の顔面にクリーンヒット!下顎が吹き飛びます。これは予想外の展開!

倒れた巨人へ追い討ちをかける巨人!

 

巨人が巨人を殺してる!?

 

前代未聞の光景にただ絶句するミカサ。

この巨人は味方なのか?なぜミカサを守ったのか?次号へ続く!

 

 

 
広告

別冊少年マガジン(毎月9日発売)で連載中、
「進撃の巨人」のネタバレ感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方はご注意下さい。

※フラゲ速報ではありません。本誌発売日の夜に更新することが多いです。

Return Top