調査兵団 | 進撃の巨人 ネタバレ考察

進撃の巨人 ネタバレ考察

調査兵団

主に壁の外の探検調査を目的とした兵団。現在の団長はエルヴィン・スミス。翼をモチーフとした旗印。

リヴァイ、ハンジなど曲者揃いだが、エレンに言わせると「変革を求める集団」。

104期訓練生(の中で作品に登場する主要メンバー)はアニを除く全員が調査兵団へ入団を希望した。

 

壁の外に出るということは必然的に巨人と遭遇するということでもあり、そのため立体機動装置を用いた高度な戦闘訓練を行ない巨人殺しの技術に長けている。

これまでの100年間に30回以上に渡り大規模な壁外遠征を行ない、その都度新兵の半分を失うという驚くべき損耗率にも関わらず目だった成果は上げられていない。

そのため一般国民からは税金の無駄遣いとして批判の的になることもあるが、好奇心にあふれた子供たちからはヒーローのように憧れの対象となる場合もある。
広告

別冊少年マガジン(毎月9日発売)で連載中、
「進撃の巨人」のネタバレ感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方はご注意下さい。

※フラゲ速報ではありません。本誌発売日の夜に更新することが多いです。

Return Top