ハンジ・ゾエ | 進撃の巨人 ネタバレ考察

進撃の巨人 ネタバレ考察

ハンジ・ゾエ

調査兵団の分隊長。巨人の生態に関する実験を担当している。

性別には言及されていないが巻末の嘘予告ではスカートを履いていた。

極度の巨人フェチで生体実験の話になると止まらず他の隊員からは生暖かい目で見られていたが、巨人が薬によって変じた人間であることが分かって以降はさすがにその性癖は鳴りを潜め、冷静な参謀としてエレンの巨人化能力の解明や、それを踏まえた作戦立案や指揮に注力することになる。

本人の戦闘力も高く、地下礼拝堂での憲兵団対人部隊との激戦を生き延び、シガンシナ奪還戦では「鎧の巨人」のアゴを雷槍で撃ち抜きミカサの決勝点をアシストした。

エルヴィンから次期団長に指名されており、シガンシナ奪還戦でエルヴィンが死亡した後は調査兵団の団長に就任。

広告

別冊少年マガジン(毎月9日発売)で連載中、
「進撃の巨人」のネタバレ感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方はご注意下さい。

※フラゲ速報ではありません。本誌発売日の夜に更新することが多いです。

Return Top