ジャン・キルシュタイン | 進撃の巨人 ネタバレ考察

進撃の巨人 ネタバレ考察

ジャン・キルシュタイン

104期訓練兵団を6位の成績で卒業後、調査兵団。

憲兵団に入り内地で特権的な暮らしを送ることを目指していたが、トロスト区奪還戦を機に調査兵団へ。

リアリスティックな傾向が強く、訓練兵宿舎で「人類は巨人には勝てない」などと吹聴しエレンと度々衝突、二人のケンカは同期生の間でおなじみとなっている。

ミカサに一目惚れして以来今に至るまで恋心を抱いており、そのため家族とも恋人とも見えるエレンに対し強い嫉妬心を持つ。

他者を顧みない利己的かつ暴力的なトラブルメーカーとして描かれがちであったが、死線を乗り越えることで徐々に仲間との協調性を身に着けていく。

特に自分の内面を認めていたマルコの死は彼にとって大きな転機となった。

 

調査兵団がテロリストとして追われる身になってからは、例え追っ手であっても人間を傷つけることに強い抵抗を示す姿が見受けられる。

広告

別冊少年マガジン(毎月9日発売)で連載中、
「進撃の巨人」のネタバレ感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方はご注意下さい。

※フラゲ速報ではありません。本誌発売日の夜に更新することが多いです。

Return Top