アルミン・アルレルト | 進撃の巨人 ネタバレ考察

進撃の巨人 ネタバレ考察

アルミン・アルレルト

104期訓練兵団を卒業後、調査兵団。

エレンの幼馴染で、エレンがミカサと出会う前からの友人。子供の頃に外の世界について触れた本を読み、エレンに外の世界の魅力を説いた。

小柄で身体能力には欠けるが座学ではトップレベルの成績を誇る。

状況把握・作戦立案に優れた適性を持ち、彼の判断が仲間の窮地を救う場面も何度となく見られる。女型の巨人の正体についてもいち早く察知していた。ミカサと違って演説は得意。

ハンジと共に「推察したことはほぼ正解」というストーリーテラー・解説役の立ち位置にいるためお利口さんすぎるきらいがある。

揺れる馬車の上で手綱を握りながら半身で振り向き拳銃の弾を敵の頭部にヒットさせるなど、銃はのび太並みの腕前。

シガンシナ奪還戦では捨て身の特攻で超大型巨人の注意を引きつけ、エレンが突破口を開くための囮となった。その代償として全身に大火傷を負って瀕死状態になるも、リヴァイがケニーから入手した巨人化薬を注射して復活。超大型巨人から引きずり出されたベルトルトを捕食して人間に戻った。

広告

別冊少年マガジン(毎月9日発売)で連載中、
「進撃の巨人」のネタバレ感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方はご注意下さい。

※フラゲ速報ではありません。本誌発売日の夜に更新することが多いです。

Return Top